叔母からもらったプレゼント

小学校2年生の時のクリスマス、叔父と叔母から当時大好きだったペンやメモ帳やシールを生涯使い切れないほど買ってもらいました。そのとき、私はペンやメモ帳やシールが大好きで、誰よりもいっぱいの種類のペンやメモ帳やシールが欲しいと思ってました。そんなときのクリスマスに、私は当時好きだったキャラクターのお店に行って、ペンは一本一本試し書きしてちゃんと書けるかどうかを試しました。メモ帳も一個ずつ柄とかを見て可愛いものを見つけました。ペンは大きなペンケースに溢れるほど買ってもらいました。私は毎日そのペンケースを開けてペンを見るだけで幸せな気持ちになれました。
そのときの私にとって、ペンやメモ帳は私を幸せにしてくれるものでした。いろんな種類の、ペンやメモ帳を持っているだけで自分の価値が上がるような気持ちにもなりました。ペンは、赤とかオレンジ、ピンク、黄色、青、緑、紫など本当にいろんな色を探し、またペンの種類も、ボールペン、マーカー、虹色鉛筆、ロケット鉛筆、と様々な種類のペンを探しました。シールは、キャラクターのものや着せ替えのもの、また水が入ってるもの、おはじきのようになっているもの、プクッとしていて触り心地がいいものなどを選びました。メモ帳も、紙の形がハート型とか星型とか、立体になるものとか、色々なものを買ってもらいました。私は、ペンやメモ帳やシールを買ってもらってとってもワクワクしました。今になって私は、自分の子供ができても同じようなワクワクを味わわせてあげたいなと思いました。今考えれば、あのときあんなにも大量なペンやノートやシールなどを買ってもらえたことは幸せだなと思います。あんなに大量に買ってもらったおかげでシール交換が流行った時には困らなかったし、絵を描くときもペンとノートが充実していて困りませんでした。本当に自分は幸せ者だと思いました。今でも、文房具を見るとワクワクする時があります。
その時私は、やっぱり私は文房具が好きなのだと感じま
す。私は、あの時大量のシールやペンやメモ帳を買ってくれた叔父と叔母に本当に感謝しています。このように、ワクワクと感動を与えてくれ、あんなにも大量に手に入れられたシールやペンやメモ帳は私にとって忘れられないクリスマスプレゼントとなりました。今までで一番、印象的なクリスマスプレゼントです。あのときの幸せな気持ちを思い出すと幸せになれます。

 

体験ギフト♪関東で使えるおススメ12選!女性が喜ぶプレゼントを厳選♪